MENU

耳ばりが効く仕組み

営業日
月・水・木・金
11:00 〜 19:00
日と祝日も営業
11:00 〜 17:00
定休日
 ※祝日の場合は営業します

あなたは大丈夫ですか?糖尿病

糖尿病は、血糖値の高い状態が続く病気で、初期には自覚症状がほとんどありません。

気づかないうちに病気が進行して、糖尿病に気づくころには、網膜症、腎症、神経障害などの、深刻な合併症を起こしていることがあります。

もくじ

糖尿病とは

血液中のブドウ糖濃度が高い状態が続くと、少しずつ血管が傷ついていきます。そして、血管が老化して脆くなり「動脈硬化」が進行します。

それに伴い、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、神経障害といった合併症(三大合併症)を引き起こします。

網膜症

網膜の血管にできた小さなコブが出血し、視力が落ちたり、やがては網膜が剥がれて失明することもあります。

腎症

腎臓が障害を受け、悪化すれば腎不全を起こします。人工透析が必要になることもあります。

神経障害

手足の先が痺れたり、痛みや熱の感覚が麻痺。壊疽を起こして足の一部を切断することもあります。

その他、高血圧、脂質異常症、心筋梗塞、脳血管障害を引き起こすことがあります。

糖尿病予備軍

糖尿病とは診断されてないものの、血糖値が高めで、やがて糖尿病へと移行していく可能性が高い人です。

東京都によると、40歳から74歳までの都民のおよそ4人に1人は、糖尿病を発症しているかその予備軍だそうです。

糖尿病予備軍となる生活習慣

危険な食後高血糖

健康な人の場合、食後2時間ほどで、血糖値が140未満に落ち着きます。

しかし、インスリンの量や働きが低下していると、血糖値を正常に戻すことができず、食後も高血糖の状態となります。

食後高血糖は動脈硬化を促進し、様々な病気を引き起こしたり、進行させる可能性が高いことがわかっています。

  • がんの発症リスクを高める
  • 血管の炎症
  • 認知機能に影響
  • 動脈硬化
  • 脳卒中/心筋梗塞のリスクを高める

糖尿病に注意すべき人

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、といった不適切な生活習慣が、糖尿病の大きな誘因となります。

  • 血縁者に糖尿病の人がいる
  • BMI(体重kg÷身長m÷身長)が27以上
  • 若い頃よりも10%以上体重が増えた
  • 甘い物/脂肪分を好む
  • 車が足代わり
  • アルコールを好む
  • ストレスが多い

糖尿病と耳鍼

糖尿病を改善する耳つぼ耳鍼治療

痛み・痺れのケア

痺れや痛みは、足先から始まります。 その痺れや痛みは、動いていても、安静にしていても、寝ているときも生じるので、QOL(生活の質)が大きく低下します。

その結果、うつ傾向が見られるなど、精神的なケアも必要です。

免疫力の向上

糖尿病の患者さんは、感染症にかかりやすい状態(易感染性)にあるという特徴があります。

高血糖の状態では、ウィルスや細菌をやっつけてくれる免疫反応が弱くなっており、風邪、インフルエンザ、肺炎などにかかり易くなります。

糖尿病の患者さんの鍼灸治療では、火傷や出血に、十分に配慮しなければいけません。 耳鍼は、特に侵襲が少なく、得られる改善も多いので、施術方法として優れています。

腎機能の向上

  • 糖尿病性腎症に対して、腎機能への影響を期待した耳鍼
  • 腎機能の低下で引き起こされる症状への影響を期待した耳鍼

糖尿病の予防するには、日々の食生活、運動習慣を大事にするしかありません。

ストイックにやり過ぎれば、フラストレーションが溜まって、嫌になってしまいます。
耳に「おきばり」をつけて、ゆっくり、長く、楽しく、健康をつくっていきましょう!


青山はり治療院
おみみのはり 服部

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ